シティーホテルの結婚式場を利用するデメリット

1、貸切感がないシティーホテルでの結婚式

シティーホテルでは1日に何件も結婚式が行われています。こういったホテルでは、1日の組数を増やすためにギリギリのスケジュールを組んでいるところが多いので、当日の流れがバタバタになってしまうことも。その他にも、披露宴中に別のカップルのチャペルの鐘の音が聞こえてしまったりと、貸切という特別感は感じることはできないでしょう。 また、シティーホテルは宿泊や食事で利用する一般客が多いのが最大の特徴です。裏を返せば、自分たちも結婚式後に気軽に立ち寄れる場所と考えられますが、お支度部屋からの移動中に見られたり、自分たちの披露宴が窓から見られてしまうなど、人によっては少し恥ずかしいと感じる点も多いでしょう。貸切感を求める方や、あまり人に見られたくないという方にはオススメできません。

2、コストがかかるシティーホテルでの結婚式

シティーホテルは、宿泊や宴会に対応するとともにレストランも併設されている複合施設です。あらゆる面での対応が必要なので、非常に質のいいサービスが期待できます。しかし、その分コスト面においては他のゲストハウスや専門式場に比べ高くなってしまいます。また、ホテルの披露宴会場は収容人数が多いことを想定して造られています。少人数には向かないので、もし少人数での結婚式を希望しているのであれば高額になる可能性が高いです。

もし予想よりもコストがかかってしまった場合は、プランナーをはじめ衣装や装花のスタッフに相談してみましょう。またホテルによっては、平日限定のプランや仏滅プランなど、通常よりお得なプランがあるので、そういった面もプランナーに確認する必要があります。

三重の結婚式場は、伊勢神宮などに代表されるように神前式が多いのが特徴です。引き出物には松阪牛や伊勢海老などの高級食材や、志摩の真珠など地元の名産品が出されます。

© Copyright Attractive Wedding Hall. All Rights Reserved.